毛髪の正体とは?

抜け毛や薄毛を予防し改善するためには、毛髪が何からできていてどのように作られるのか、そして、どのように成長し抜けていくのかなど、毛髪の構造や生え変わりのメカニズムを知ることも大切です。

まずは毛髪に限らず、体のあらゆるところに生えている『毛』。実は、体のある部分が変化してできたものなのです。それはどの部分なのかご存知ですか?

実は『毛』というのは、皮膚が角質化し、変化してできたものなのです。ですので、毛髪は頭皮が変化したもの。

毛髪は頭皮の下で生まれ、細胞分裂を繰り返して成長し、その成長した部分が頭皮の下から押し上げられ、頭皮の上に顔を出します。 普段私たちが手で触れている毛髪は、実はもうすでに死んでしまっている細胞なのです。

そのため、育毛をしたり発毛を促すためには、今生えている毛髪へ何かしら手を加えるのではなく、頭皮の下へ作用するようにしなくてはいけません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。