リンスまたはコンディショナーを併用する

頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすためには、アルカリ性の方がよく落ちます。しかし、髪の毛の表面を覆っているキューティクルは、アルカリ性に傾くと開く特性があり、キューティクル同士が引っかかって、髪の毛がきしんだ状態になります。

きしんだ状態の髪の毛ですと、頭皮にも髪の毛にも負担がかかります。
必ずリンス、またはコンディショナーなども一緒に使用するようにしましょう。

リンスは洗髪の時に取り除かれた油分を補って、開いたキューティクルを元に戻します。そして髪の表面に皮膜をつくり、髪を保護する役目を果たしています。
また、髪につやを与えたり、静電気を防ぎ、クシやブラシの通りをよくします。

ただし、直接頭皮にはつけないように。そして、すすぎは十分にしましょう。
リンスの油分が頭皮に付着したままですと、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、発毛の妨げになります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。