抜け毛を減らすシャンプー方法

ブラッシングをして、頭皮の汚れやフケを浮き上がらせる
ブラッシングをすることで、汚れが落ちやすくなります。(>髪にやさしいブラッシング方法)
そして、髪のもつれをとることで、シャンプー時の髪の摩擦によるダメージを減らせます。
38〜40度のぬるめのお湯で、髪と頭皮をよく濡らす
熱いお湯は、頭皮を痛めてしまうので避けましょう。
また、よく濡らさないままシャンプーをつけると、泡立ちが悪くなり、汚れが落ちにくいばかりか、髪が摩擦によって傷つきやすくなります。
シャンプーを手のひらに適量とり、お湯を少し混ぜながら手のひらで泡立てる
シャンプーをそのまま頭皮につけると、つけた部分の頭皮が強い刺激を受けてしまいます。
また、髪につけてから泡立てることは、髪に強い摩擦が起きるため、髪も頭皮も傷めてしまうのでやめましょう。
毛穴から汚れを押し出すように、頭皮をマッサージするつもりで、やさしく指の腹で洗う
ツメを立ててかきむしったり、ブラシを使って力一杯こすったりすると、頭皮を傷つけてしまうのでやめましょう。
汚れがひどく、泡立ちが悪い場合は2度洗いをする
ただし、乾燥肌の人は避けましょう。また脂性の方でも、毎日の2度洗いは避けましょう。
なぜなら、頭皮の皮脂を取り過ぎると、身体は足りないものを補おうとするので、逆に皮脂が出すぎてしまうからです。
たっぷりのお湯で、時間をかけて十分にすすぐ
泡がなくなっても、頭皮にシャンプー液が残っている場合があります。
そのままにしておくと、頭皮からシャンプー液が浸透して抜け毛を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。
シャンプーの後はリンスまたはコンディショナーを使用する
リンスは髪だけにつけるようにして、頭皮にはなるべくつかないようにします。
リンスもすすぎ残しがあると、頭皮から浸透して抜け毛の原因になりうる可能性があるので、すすぎは十分に行いましょう。
シャンプーのあとは、タオルでやさしく水分を拭き取り、きちんと乾かす
必要であれば、ドライヤーを使っても構いません。
髪を生乾きのままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなるだけでなく、頭皮から水分が蒸発してしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。