毛髪が生える過程

毛髪が生えてくるまでには、頭皮の下の部分である毛根部で、次のような過程をたどります。

  1. 毛球内にある毛乳頭が、血液から毛髪の成長に必要な栄養分を摂取
  2. 毛乳頭が摂取した栄養を毛母細胞に補給
  3. 栄養を受けた毛母細胞が分裂を繰り返す
  4. 細胞分裂により増殖した毛母細胞が、頭皮に向かって押し上げられる
  5. 押し上げられる過程で細胞が水分を失い、角化して髪の毛になる

さて、この過程を見て、健康な髪の毛が生えてくるために一番大事な部分はどこだか分かりますか?
そう、毛乳頭ですね。
この毛乳頭がどれだけ栄養分を摂取できるかによって、生えてくる髪の毛の状態が左右されるのです。

しかし、食べ物から得た栄養は、まず生命の維持に直接関係してくる内臓などにたくさん使われてしまいます。毛髪や皮膚・爪などの、生命の維持に直接関係のない部分に栄養が送られてくるのは、一番最後となります。しかも栄養分がかなり使われたあとです。
そのため、不摂生な食生活や生活習慣を続けていると、当然毛髪まで十分な栄養が行き届かず、抜け毛や薄毛を引き起こす原因となります。

育毛剤や発毛剤で直接頭皮に栄養を与える前に、生活習慣や食生活をきちんと見直すことから始めなければ、抜け毛や薄毛を根本から改善することにはなりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。