粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性脱毛症とは、角化異常によって大量に発生したフケが毛穴をふさぎ、炎症を起こすことにより引き起こされる脱毛症です。
乾燥したフケが大量に出るのが特徴です。

粃糠性脱毛症の原因として、シャンプーのし過ぎなどが挙げられます。
頭皮を清潔にするのはとても大切なことですが、何度もシャンプーをして必要な皮脂まで落とすことは、逆に皮脂を増やすことになり、角化異常を引き起こしかねません。
頭皮の状態が普通の方なら、シャンプーの回数は2日に1回ぐらいでも大丈夫なのです。

またフケが出るからといって、フケシャンプーをむやみに使用することはやめた方がいいでしょう。
フケシャンプーは、角質や角片を溶かしているだけで、角化異常によるフケを止める力はありません。
逆に、フケを溶かす成分が自分の頭皮に合わずに、角化異常を引き起こす原因となることもあるので、注意が必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。