トリコチロマニー(抜毛狂)

トリコチロマニーの語源は、

  • トリコ(毛髪)
  • チロ(引っ張る)
  • マニア(熱狂者)

という3つの言語を組合わせたものです。

この語源のように、毛根は正常なのに、自分で毛を抜いてしまう癖のために起きる脱毛をトリコチロマニーと言います。
特に低年齢の女児に多くみられます。

原因としては心理的ストレスがあげられ、治療はそのストレスの原因を探り、解消させる必要があるため、周りの人の理解と協力が必要です。
さらには皮膚科医、精神科医などによる、総合的な治療が必要な場合もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。