ホルモンバランスの崩れで起こる抜け毛

薄毛になる原因として、男性ホルモンのテストステロンが関係していると言われています。

男性の場合は、このテストステロンの影響を受けやすい体質と受けにくい体質があり、「薄毛は遺伝する」と言われているのは、この体質を遺伝するからと言われています。
特に年齢の若い男性が抜け毛や薄毛に悩まされていますが、それはテストステロンの分泌量が多い時期だからです。

しかしテストステロンが多いからといって、必ず全員が薄毛になってしまうわけではありません。テストステロン以外にも、薄毛になる要因があるのです。
詳しくは以下のページをご覧ください。
>>>AGAの脱毛の仕組み

女性の場合は男性の20分の1程度しかテストステロンの分泌量がないため、年齢が若いうちは薄毛にはなりにくいのですが、40歳前後から女性ホルモンの分泌量が減ってくると、相対的にテストステロンの量が増えるため、抜け毛が増えたり頭頂部の毛が細くなり始めて薄毛になる傾向にあります。

このように、女性の場合は加齢と共に薄毛になってしまうのは仕方のないことなのですが、最近は若い女性でも、抜け毛薄毛に悩まされている方が増えてきています。
男性と同じように働く女性が増えたことで、仕事でのストレスなども増えたことが原因なのではないでしょうか。

また、女性は妊娠をすると女性ホルモンの分泌が盛んになります。そのため、発毛周期(ヘアサイクル)で抜ける時期にあるはずの毛が、抜けにくくなります。
妊娠中は毛が濃くなるというのは、本来抜けるはずの毛が抜けないからなのです。

しかし、出産後はホルモンバランスが正常に戻るため、妊娠中に抜けなかった毛が一気に抜け落ちます。いわゆる分娩後脱毛・産後脱毛といわれている症状です。
通常は1年くらいで元に戻ることが多いので心配することはありませんが、場合によってはそのまま回復しないケースもありますので、心配な方は病院を受診しましょう。

次の項目に当てはまる方は、ホルモンバランスが抜け毛の原因として考えられます。

  • ストレスがある
  • 無理なダイエットをしている
  • 出産後1年以内だ
  • ピルを服用している
  • 40歳以上だ
  • 親も薄毛だ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。