皮脂過剰または皮脂の取りすぎで増える抜け毛

薄毛になる原因のひとつに、皮脂過剰または皮脂の取りすぎがあげられます。

皮脂とは、皮膚の表面で汗と脂が混ざりあってできた、薄い膜のことです。
この皮脂は、皮膚から水分が必要以上に蒸発するのを防いでいます。皮脂が減ってくると、皮膚は保湿機能が低下し、乾燥した肌になってしまいます。
また、皮脂の成分である「脂肪酸」は細菌の感染を予防します。
皮脂は皮膚を守るために必要不可欠なものなのです。

しかし、過剰分泌された皮脂は、活性酸素を大量につくる原因となる過酸化脂質となり、抜け毛の原因になることがあります。

頭皮は身体の中でも一番、皮脂の分泌量が多い場所です。朝きちんと洗顔しても、昼頃になると鼻の頭がテカるようでしたら、頭皮皮脂過剰分泌タイプといえます。

しかし、皮脂は保湿機能と感染予防という大切な役割を持っていますので、取り過ぎてはいけません。
なぜなら、身体は足りないものを補おうとするため、皮脂を取り過ぎるとさらに皮脂を分泌しようとして、結局皮脂過剰と同じようになるからです。

特にシャンプー選びには気を使いましょう。できれば天然素材のもので、アミノ酸系、弱酸性系のものが好ましいです。
高級なシャンプーだからといって、必ずしもいいシャンプーとは限りません。値段や洗いあがりの使用感だけで決めてしまうのはとても危険です。

また、育毛シャンプーなどは皮脂を取り過ぎてしまう可能性があるので、使用はやめた方がいいと思います。
シャンプー選びについての詳しい内容は、以下のページをご覧ください。
>>>抜け毛を減らすシャンプー選び

次の項目に当てはまる方は、頭皮皮脂過剰または皮脂の取りすぎが抜け毛の原因として考えられます。

  • シャンプーには特に気を使っていない
  • 洗髪後しばらくすると、頭皮がベトベトしてくる
  • 脂っこいものが大好きだ
  • 無理なダイエットをしている
  • 太り気味だ
  • 髪を洗わないで寝ることが多い
  • ヘアムースやワックスなどをよくつける
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。