体質遺伝が原因の薄毛

薄毛になる原因として、男性ホルモンのテストステロンが関係していると言われていますが、このテストステロンの影響を受けやすい体質と受けにくい体質があります。
薄毛遺伝する」と言われているのは、この影響を受けやすい体質遺伝するからと言われています。

そのためテストステロンが多いからといって、必ず全員が薄毛になるわけではありません。
テストステロン以外にも、薄毛になる要因があるのです。
詳しくは以下のページをご覧ください。
>>>AGAの脱毛の仕組み

また、食生活が同じ=体質が同じということも考えられます。
たとえば、脂っこいものが食卓に多く並ぶ家庭で育ったのであれば、親も子も、皮脂過剰の体質になるでしょう。

自分の親が薄毛だからといって、必ず自分も薄毛になるとは限りません。
食生活を改善したり生活習慣を見直すなどして、抜け毛を減らし薄毛を予防することも可能なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。