薬の副作用で起こる抜け毛

薄毛になる原因のひとつに、薬の副作用もあげられます。

たとえば抗がん剤。
抗がん剤はがんの細胞を殺す目的で使われますが、実はがんの細胞だけを選んで殺しているわけではありません。
実際には、分裂の速い細胞を殺すように開発されています。
毛根の細胞分裂はがんの細胞分裂よりも速いため、当然抗がん剤の影響を受けます。
その結果、毛根の細胞が殺されてしまい、脱毛が引き起こされるのです。

また髪の毛というのは、食品や大気などから体内へ吸収された有害金属や、ハンドクリームなどの皮膚から吸収された有害物質など、体内の毒素を体外へ排出する役割も持っています。
しかし、体外へ排出される毒素の量よりも、体内へ吸収される毒素の量が上回ると、頭皮の下へ毒素が蓄積されていき、毛根の細胞が刺激を受けて発毛しにくくなり、抜け毛を引き起こすことになります。

さらに、体にいいと思われているサプリメントも、過剰に摂取し続けることは発毛にとってはよくありませんので、十分に注意してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。