栄養バランスのとれた食事で抜け毛予防

抜け毛予防には栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

髪の毛は、毛乳頭から摂取される栄養分から作られるため、食事の質が悪いと生えてくる髪の毛も不健康になってしまいます。
ただ、髪の毛にいいからといって、特定の食品ばかり食べることはよくありません。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど、栄養バランスのとれた食事をとることで、髪の毛も身体も健康になり、抜け毛予防につながります。

タンパク質

髪の毛の99%は、約18種類ものアミノ酸が結合してつくられた『ケラチン』というタンパク質からできています。
18種類のアミノ酸の内、最も多いアミノ酸は『シスチン』です。
『シスチン』は体内で『メチオニン』というアミノ酸からつくられますが、この『メチオニン』は体内で合成されない必須アミノ酸の為、食事でしか補うことができません。

『メチオニン』は、肉・魚・卵などの動物性タンパク質に多く含まれています。
しかし、動物性タンパク質を取り過ぎると、コレステロールを高めたり内臓脂肪がつくため血流が悪くなり、頭皮に栄養が届かなくなってしまい逆効果です。
できれば、豆腐などの大豆製品や玄米、イモ類などの植物性タンパク質を含む食品から摂取する方がいいでしょう。

緑黄色野菜

髪の毛の為には、ビタミン類が欠かせません。ビタミンは血行を良くして皮膚を丈夫にし、抜け毛を防ぐ働きがあります。
なかでも、ビタミンEは人の体内にはない物質なので、緑黄色野菜を摂ることが重要になってきます。
特にほうれん草や小松菜などは、ビタミンの他に鉄分やカルシウムを多く含みます。
鉄分は髪の毛に栄養分を運ぶ役割があるほか、髪の毛に潤いを与えます。鉄分が不足すると、パサパサの髪の毛になってしまうので、積極的に摂取しましょう。

海草類

昔からよく「髪の毛の毛にはワカメがよい」と言われていますが、ワカメなどの海藻類には、タンパク質・ミネラル・ビタミンなど、髪の毛にも身体にも良い栄養がたっぷりです。
栄養素はたっぷりですが、カロリーが低く食物繊維も豊富なため、ダイエットにも最適な食品です。

果物類

果物類は、ビタミン、食物繊維、カリウムを多く含んでいます。また、ビタミンCも豊富です。1日1個を目安に摂取すると良いでしょう。
特に喫煙される方は、、ビタミンCが不足しがちになりやすいので、たっぷりと補給することをオススメします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。