薄毛改善によいシャンプーの基準

シャンプーを選ぶとき、あなたは何を基準に選んでいますか?
値段、洗いあがりの使用感、匂い、CMのイメージ、なんとなく・・・など、人それぞれ異なることと思います。

シャンプーの本来の目的は、頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすことにあります。
しかし、市販のシャンプーのほとんどには、石油合成系の界面活性剤やパラベン、香料など、汚れを落とすためには必要のないものが多く含まれています。

当然これらの添加物は、頭皮にとっても必要のないものです。すすぎ残しがあると、液剤が頭皮から浸透し、抜け毛を引き起こす原因にもなりかねません。
特に界面活性剤は皮膚への浸透性が高く、毛髪の元となる毛母細胞にダメージを与える可能性がありますので、使用は極力避けた方がいいと思います。

抜け毛を減らすために、シャンプーを選ぶときは次の2点を基準に選ぶようにするといいでしょう。

アミノ酸系シャンプー、または天然成分由来のシャンプー
毛母細胞は18種類のアミノ酸からできているので、なるべくアミノ酸系のものか天然成分のものを選ぶと、頭皮への負担が少なくて済みます。
弱酸性のものを選ぶ
頭皮はお肌と同じく、弱酸性です。頭皮への負担を減らすためには、弱酸性のシャンプーを選ぶとよいでしょう。

これら2つの条件を満たし、頭皮の油分を取り過ぎることなく、頭皮環境を正常化して抜け毛を減らすおすすめのシャンプーはウーマシャンプー です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。