抜け毛を予防して薄毛を改善する方法

抜け毛を予防して薄毛改善するためには、まず抜け毛原因を知ることが大切です。
そしてその抜け毛原因を取り除くことで、親が薄毛の場合でも、十分に抜け毛予防し、薄毛改善することが可能となってきます。

では、抜け毛予防し、薄毛改善するための有効な方法を紹介します。

栄養バランスのとれた食事で抜け毛予防

抜け毛予防には栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

髪の毛は、毛乳頭から摂取される栄養分から作られるため、食事の質が悪いと生えてくる髪の毛も不健康になってしまいます。
ただ、髪の毛にいいからといって、特定の食品ばかり食べることはよくありません。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど、栄養バランスのとれた食事をとることで、髪の毛も身体も健康になり、抜け毛予防につながります。

タンパク質

髪の毛の99%は、約18種類ものアミノ酸が結合してつくられた『ケラチン』というタンパク質からできています。
18種類のアミノ酸の内、最も多いアミノ酸は『シスチン』です。
『シスチン』は体内で『メチオニン』というアミノ酸からつくられますが、この『メチオニン』は体内で合成されない必須アミノ酸の為、食事でしか補うことができません。

『メチオニン』は、肉・魚・卵などの動物性タンパク質に多く含まれています。
しかし、動物性タンパク質を取り過ぎると、コレステロールを高めたり内臓脂肪がつくため血流が悪くなり、頭皮に栄養が届かなくなってしまい逆効果です。
できれば、豆腐などの大豆製品や玄米、イモ類などの植物性タンパク質を含む食品から摂取する方がいいでしょう。

緑黄色野菜

髪の毛の為には、ビタミン類が欠かせません。ビタミンは血行を良くして皮膚を丈夫にし、抜け毛を防ぐ働きがあります。
なかでも、ビタミンEは人の体内にはない物質なので、緑黄色野菜を摂ることが重要になってきます。
特にほうれん草や小松菜などは、ビタミンの他に鉄分やカルシウムを多く含みます。
鉄分は髪の毛に栄養分を運ぶ役割があるほか、髪の毛に潤いを与えます。鉄分が不足すると、パサパサの髪の毛になってしまうので、積極的に摂取しましょう。

海草類

昔からよく「髪の毛の毛にはワカメがよい」と言われていますが、ワカメなどの海藻類には、タンパク質・ミネラル・ビタミンなど、髪の毛にも身体にも良い栄養がたっぷりです。
栄養素はたっぷりですが、カロリーが低く食物繊維も豊富なため、ダイエットにも最適な食品です。

果物類

果物類は、ビタミン、食物繊維、カリウムを多く含んでいます。また、ビタミンCも豊富です。1日1個を目安に摂取すると良いでしょう。
特に喫煙される方は、、ビタミンCが不足しがちになりやすいので、たっぷりと補給することをオススメします。

ストレスを解消して抜け毛予防

ストレスが溜まってくると自律神経のバランスが崩れ、眠れなくなったり、血流が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れたりして、抜け毛が増えたり、円形脱毛症を引き起こしたりします。

普段からストレスを溜めないように心掛けることが最も大切ですが、なかなか自分のストレスには気付きにくいもの。
自分で気付いたときには、相当ストレスが溜まっている状態と考えていいでしょう。

自分なりのストレス解消法があればいいのですが、ない場合はどんどん抜け毛が増えていき、その抜け毛自体がストレスにもなりかねません。

まずはストレスの原因を探り、ストレスが溜まりにくい環境を作るよう心掛けましょう。
そうすることで自然と抜け毛も止まり、心身ともに健やかに過ごすことができます。

特にストレスの一番の原因である「人間関係」。
こればっかりは、なかなかすぐに解決するという訳にはいきませんよね。

でもこの法則を使えば、あなたを悩ませているその「人間関係」を、たったの数日で解決できるかもしれません。
ストレスで髪の毛がなくなる前に、「人間関係」のストレスを無くしませんか?
 ⇒ ■人間関係で悩む人から上手くいく人への法則

頭皮の血行を良くして薄毛を改善

薄毛改善には頭皮の血行を良くすることも有効です。
なぜなら、毛髪を作るために必要な栄養素は、頭部の毛細血管を通って毛乳頭に運ばれるため、頭皮血行が悪くなると毛乳頭に栄養素が行き届かなくなり、発毛の妨げとなって薄毛になってしまうからです。

頭皮血行を良くするためには、軽く頭皮をマッサージしたり、頭皮や髪に効くツボを押すことが有効です。
また、適度に体を動かして、体全体の血の巡りをよくするといいでしょう。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージは、頭皮の血流を良くするほか、立毛筋(りつもうきん:髪の毛を支える筋肉)を丈夫にする効果があります。
ただし、ツメを立てたり力いっぱいゴシゴシやり過ぎると、頭皮を痛めてしまうことになり、かえって抜け毛が増えてしまうことがあります。

マッサージを行うときは、必ず指の腹を使い、頭皮全体を包みこむように軽く揉むようにしましょう。
間違ってもゴシゴシとこすってはいけません!

また、毛母細胞が活発に動き出す前の、夜9時頃に3〜5分程度行うのが効果的です。
きれいに洗髪したあとで、手もきれいに洗ってから行いましょう。

頭皮や髪に効くツボ

百会(びゃくえ)
頭のてっぺんにあるツボで、頭皮血行を良くする効果があります。
1日数回、2〜3分を目安に、百会やその周辺を指5本で軽く押すようにマッサージすると良いでしょう。
百会には他に、軽い頭痛や生理不順や不眠症などにも効果があります。
完骨(かんこつ)
耳の後ろのふくらみのとがったところから、親指の幅一本分後頭部のほうにある、骨のくぼみにあるツボで、抜け毛に効果があります。
またこのツボは、二日酔いやむち打ちにも効き目があります。
腎穴(じんけつ)
小指の第一関節の真ん中にあるツボで、痛んだ髪に効果があります。
片手づつ交互に刺激しましょう。

睡眠をたっぷりとって抜け毛予防

抜け毛予防には睡眠が大切です。
の毛の成長は夜に行われるため、この時間帯に十分な睡眠をとっていないことは、血液の流れを悪くし、発毛を妨げることになるのです。
特に夜の10時から午前2時にかけては、毛母細胞が特に活発になって、一生懸命発毛が行われている時間帯です。この時間帯は頭皮を清潔にし、眠っているのが理想的です。

そしてよく眠れるように、眠る前にはリラックスすることを心掛け、枕も自分に合ったものを選びましょう。
また、枕は直接頭に触れますので、清潔を保つようにしましょう。

間違ってもが濡れたまま眠ってはいけません。枕に潜んでいる雑菌が頭皮で繁殖してしまい、抜け毛の原因となってしまいます。
は完全に乾かしてから眠りましょう。

適度な運動で抜け毛を予防

発毛するための栄養は、全身に張りめぐらされた毛細血管を通り毛乳頭へと運ばれます。
頭皮の血行を良くすることは発毛にとって大事ですが、運動をして全身の血行を良くすることで頭皮にも血液がめぐりやすくなり、結果発毛をうながすことにつながります。
ですので、毎日続けられる程度の軽い運動をすることをオススメします。

適度な運動はストレスの解消にもつながりますし、健康維持やダイエットにも効果があります。
運動をする時間がない方は、ストレッチをするだけでもいいでしょう。

また、の毛には体内の毒素を排出する機能もありますが、薄毛の人はの毛の本数が少ない分、から排出される毒素の量は、の量が普通の人よりも少なくなります。
ですので、運動をして汗をかくことで、から排出されない分の毒素を、汗と一緒に体外へ排出することができます。

ただし、運動をして汗をかいた後はすぐにシャワーを浴びるなどして、頭皮を清潔にすることが大切です。
頭皮が汗で蒸れた状態で長時間いると、雑菌が繁殖して抜け毛を増やすことにつながります。

抜け毛を減らすヘアケア

抜け毛を減らし、健康な髪の毛を生やすためには、髪や頭皮についた余分な皮脂や汚れをきちんと落とし、清潔に保つことが大切です。
そのためには、自分の頭皮に合ったシャンプーを選び、正しい洗い方で髪を洗いましょう。
そして、髪の毛や頭皮に負担の少ないヘアケアを心掛けることで、抜け毛予防や薄毛の改善につながります。

抜け毛を減らすシャンプー選びのポイント

  • アミノ酸系または天然成分であること
  • 弱酸性の方が頭皮への負担が少ない
  • リンスやトリートメントを併用して使用すること
  • 洗い上がりに、髪がギシギシするものは避ける

さらに詳しい抜け毛を減らすシャンプー選びについては、以下のページをご覧ください。
>>>抜け毛を減らすシャンプー選び

抜け毛を減らす洗い方のポイント

  • 洗う前にブラッシングをして、頭皮の汚れやフケを浮き上がらせる
  • 洗う温度は38〜40度
  • シャンプーは手で泡立ててから髪につける
  • 指の腹でマッサージをするように洗う
  • すすぎ残しがないよう、十分にすすぐ
  • リンスは髪だけにつけ、十分にすすぐ

さらに詳しい抜け毛を減らす洗い方については、以下のページをご覧ください。
>>>抜け毛を減らすシャンプー方法

髪にやさしいブラッシング方法

ブラッシングには、頭皮の汚れやフケを浮き上がらせたり、髪のからまりを防ぐ効果があります。
シャンプー前にブラッシングをすることで、汚れが落ちやすくなり、シャンプー時の髪や頭皮にかかる負担を軽減することができます。
しかし、ブラッシングにはいくつか注意しなければいけないことがあります。

ヘアコート剤を使用する
ブラッシングをすることで、髪には摩擦による静電気が起きます。
たとえば、6回のブラッシングで、2万ボルトもの静電気が発生します。
静電気は髪の毛をパサつかせますので、ブラッシング前にはヘアコート剤などを使用して、なるべく摩擦を軽減させるようにしましょう。
天然素材のブラシやクシを使用する
静電気の発生が少ない天然素材(木製や動物の毛など)のブラシやくしを使用することで、髪への摩擦を軽減できます。
1日に何度もブラッシングをしない
ブラッシングによる摩擦で、キューティクルが剥がれたりして髪が傷つくことがあるので、1日に何度もブラッシングすることは避けましょう。
正しい方法でブラッシングをする
頭皮に直接ブラシを当てて力いっぱいこすったり、髪の根元からいきなりブラッシングしてはいけません。
まだ剥がれる前の角質を無理やり剥がして、頭皮を傷つけてしまい、抜け毛を増やしてしまう可能性があります。
きちんとした順序を守って、正しくブラッシングしましょう。
髪にやさしいブラッシング方法
髪にヘアコート剤を軽くスプレーする
髪の毛先のもつれをとる
髪の中ほどから毛先に向けてゆっくりとかす
最後に根元から毛先に向けてゆっくりとかす

ドライヤーの上手な使い方

洗髪した後は、タオルでおさえるようにして充分に水分を拭き取り、自然乾燥することが、頭皮や髪にとっては一番負担のかからない乾かし方です。
しかし、自然乾燥は髪の長い人では時間がかかり、湯冷めをしてしまうかもしれません。時間がなくて、早く乾かしたい時もあります。
また、髪の毛をきちんと乾かさないまま眠ってしまうと、枕との摩擦でキューティクルが壊れたり、雑菌が繁殖したりして抜け毛の原因にもなりかねません。

できればドライヤーは使わない方が髪にとってはいいのですが、使う場合は次のことを気をつけるだけでも、頭皮や髪への負担を減らすことができます。

  • ドライヤーをかける前には必ずタオルで充分に水分をとる
  • ドライヤーは髪から15cmほど離す
  • 温度は低めにする
  • 風量は強めの方が早く乾く
  • 髪の根元から乾かす
  • 1ヶ所に集中してあてるのは避ける
  • 乾かし過ぎは禁物!80%程度の乾きを目安にやめる
  • 遠赤外線やマイナスイオンのドライヤーを利用する

その他のヘアケア

髪型にも流行があるように、髪はファッションの一部となっています。
カラーを入れたり、パーマをかけたり、前髪をちょっと切るだけでも、気分が変わってきますよね。
でも、やりすぎると髪や頭皮にとても負担が掛かり、抜け毛の原因になることもあるのです。

たとえば1ヶ月に何度もパーマをかけたり、いつも同じ位置で髪の毛を結んでいたり、ジェルやワックスなどを適量以上に使ったりなど、あまり普段気にしないようなことも、髪や頭皮には良くないことがあります。

個性を出しつつも、なるべく髪や頭皮に負担を掛けずにおしゃれを楽しみたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。